なぜ相続する財産が自宅しかない場合、もめてしまうのか?

 

相続経験者が相続した財産の半分以上は、故人(なくなった人)が住んでいた『自宅』です。

つまり親の自宅です。

「自分には残す財産はないから相続は関係ない」
このように考えている人が多いのですが、ほとんどの家庭では、自宅のことを忘れています。

忘れないでください、自宅は相続の対象なのです。

ひとつの家をふたつに分けることはできません・・・さらに、相続する家に、妻や子供が住んでいたりすると

揉める原因になります・・・

自宅は分けにくいため、争いにまで発展するケースも非常に多いのを忘れてはいけません。

 

 

 

相続で自宅を売る

 

 

男1人と長女1人の、2人の子供がいた場合

 

家はひとつしかないので、もめる・・・

 

例えば、Aさんには長男1人と長女1人の、2人の子どもがいます。 Aさんは都内に自宅で長男夫婦と同居。長女は結婚して別の場所に住み、それぞれ幸せに暮らしていました。

しかしAさんは心筋梗塞で突然、亡くなってしまいました・・

 

 

 

 

Aさんの全財産は長男と住んでいた自宅のみです。長男には世話になったので自宅を残したいと話していました。そこでAさんは長男に自宅を「生前贈与」し、自宅の名義を長男の名前に変更したのです。

Aさんの葬式後にそのことを知った長女は大激怒。
自分にも遺産をもらえる権利があると主張してきました。 税理士によると、Aさんの自宅は4000万の価値があるそうです。このような場合はどうしたらいいでしょうか?

 

このような場合はどう配分したらいいのか?

長女は遺留分で1000万受け取れます

この場合、Aさんは長男に自宅を渡したいという意思があったので、法律で決められている

相続分ではなく『遺留分』を相続する権利があります。

遺留分とは、子どもとして親の遺産についての最低の取り分のことです。
長女の場合は、Aさんの遺産の4分の1なので、1000万円を得る権利があります。

上記のように、自分以外に相続人がいるのに、主な財産が不動産の場合は分けにくいという問題が発生しがちです。 他の相続人に対してどのような配分で故人の遺産を分けるのかを、被相続人が元気なうちに決めておけば、兄妹間で無駄な争いを避けることができるのです。

 

 

   
 

財産が不動産の場合だけの家庭はかなり多くあります。

家は分割する事ができないので、土地の相続でもめないように

事前に対策をしておきましょう。

 

 

 

 

相続税とは

相続税とは何か?まずは

基本についてご紹介いたします。

相続の流れについて

相続の手続きは早くやらなければいけません。流れについてご紹介いたします。

相続の届出書類について

相続の手続きはたくさんあります。手続きの流れや特徴をご紹介します。

トラブルを防ぐために

トラブルを防ぐためにしっておきたい情報をまとめました。

争続にならないために...

 

 

 

相続の基本 相続の事例 財産を確かめよう

相続の流れについて

相続税とは

届け出る書類について

まずは遺言をさがす

相続ってなに

単純相続とは

相続放棄とは

限定承認とは

相続税の申告手続き

弁護士に頼むといくらかかる?

どんな財産があるのか分からない

自宅しかない場合

第3の相続人が現れた場合

親の介護をしたのにもらえない

相続税が払えない場合

内縁の妻がいる・・・

マイナスの財産はどうしたら?

 

財産を確かめる

財産目録をつくる

生命保険金

死亡保険の種類とは

相続財産にならないもの

死亡保険金の種類とは

財産の評価方法 誰にいくらあげるのか? 誰にいくらあげるのか?

財産を評価してみる

不動産評価してみる

車や家具の動産評価方法

 

 

家族会議の進め方

愛人は法定相続人になれるか

相続資格がない法定相続人

愛人に財産を譲るれるのか?

遺留分とは何か

つぐ資格があるのはだれか?

法律で決められた相続人はだれか

相続人の順位とは

相続人数で財産割合が変わる

配偶者は最強の立場

節税の方法 生前の贈与について 遺言書の書き方

節税の方法

財産価値と収益性

贈与税の配偶者控除とは

土地の評価額を下げる

生前に測量する

アパートマンションを建てる

会社組織にする

土地を遊ばせておかない

自宅を改築する

子供のマイホーム援助

生前贈与の仕方

贈与税とは

贈与税のかかる財産とは

贈与税のかからない財産

相続・贈与一体化処置とは

 

遺言書と書き方について

遺言書の種類

遺言書作成のポイント

遺言書を見つけた時の方法