相続ガイド

 

遺言書は3種類あります

 

遺言書を書く場合、3種類の方法があります。どれを選んでも問題はありませんが、一番良いおすすめの遺言書は、「公正証書遺言」です。

 

■自筆証書遺言

自筆証書遺言は自分で書く遺言書のことです。

自分の手で書いてください。証人は特に必要がありません。

直筆で書く場合、鉛筆はなるべく避けましょう(薄くなってしまうので)。ボールペンなどで書くのが普通です。

 

 

■公正証書遺言

一番セキュリティに優れている、遺言書の作成方法です。

クイックでは「公正証書遺言書」をおすすめします。遺言は公正証書として作成します。

家庭裁判所での検認が必要ありません。印鑑が必ず必要になります。

証人は2人決めてください。知人や親類に証人を頼むと、そこから内容が漏れる可能性があるので注意してください。第三者である専門家(行政書士など)に頼んだ方がいいです。

公証役場では、印鑑証明、戸籍謄本、固定資産評価証明などが必要になるのかもしれません。事前に準備をしておきましょう。

 

 

■秘密証書遺言

秘密証書遺言とは、「内容」を秘密にしたまま、「存在」のみを証明してもらう遺言のことです。

まず遺言書を書いて、封筒などに入れます。遺言書を持って公証人役場に持っていき手続きをすればOKです。内容の秘密が保たれ、偽造や書き換えの危険性がないのが特徴です。

遺言書は、自分で署名押印さえすれば、パソコンでも、自筆でも大丈夫です。

値段は11,000円かかります。

 

 

 

自筆証書遺言

公正証書遺言

秘密証書遺言

作成方法

本人が直筆で書く

ワープロはダメ

本人が口で言ったことを

公証人が書く

本人が署名と印鑑を押して

封をする。ワープロでもOK

場所

自由

公証人役場

公証人役場

署名

不要

証人2人以上

証人2人以上

見つけやすさ

×

検認

必要

不要

必要

 

 

家庭裁判所の「検認」とは何か?

 

家庭差板書で相続人の前で、偽造や書き換えなどを防ぐために行います

封のある遺言書は、家庭裁判所、立会人のもとでなければ開封することができない。

 

 

   
 

きちんと残したいなら公正証書遺言書で遺言書を書いた方がよいです。

手間と費用がかかりますが、家族が争わなくてすみます。

 

 

 

 

相続の基本 相続の事例 財産を確かめよう

相続の流れについて

相続税とは

届け出る書類について

まずは遺言をさがす

相続ってなに

単純相続とは

相続放棄とは

限定承認とは

相続税の申告手続き

弁護士に頼むといくらかかる?

どんな財産があるのか分からない

自宅しかない場合

第3の相続人が現れた場合

親の介護をしたのにもらえない

相続税が払えない場合

内縁の妻がいる・・・

マイナスの財産はどうしたら?

 

財産を確かめる

財産目録をつくる

生命保険金

死亡保険の種類とは

相続財産にならないもの

死亡保険金の種類とは

財産の評価方法 誰にいくらあげるのか? 誰にいくらあげるのか?

財産を評価してみる

不動産評価してみる

車や家具の動産評価方法

 

 

家族会議の進め方

愛人は法定相続人になれるか

相続資格がない法定相続人

愛人に財産を譲るれるのか?

遺留分とは何か

つぐ資格があるのはだれか?

法律で決められた相続人はだれか

相続人の順位とは

相続人数で財産割合が変わる

配偶者は最強の立場

節税の方法 生前の贈与について 遺言書の書き方

節税の方法

財産価値と収益性

贈与税の配偶者控除とは

土地の評価額を下げる

生前に測量する

アパートマンションを建てる

会社組織にする

土地を遊ばせておかない

自宅を改築する

子供のマイホーム援助

生前贈与の仕方

贈与税とは

贈与税のかかる財産とは

贈与税のかからない財産

相続・贈与一体化処置とは

 

遺言書と書き方について

遺言書の種類

遺言書作成のポイント

遺言書を見つけた時の方法

 

実家の片付け作業の流れについて

 

フリーダイヤルまたはメールでお問い合わせくださいませ。困っていることなどをお話してください。

相続や遺品の整理方法、お葬式、清掃の方法などなんでもお答いたします。

 

 

 

 

遺品せいりについて、ご質問などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。親切ていねに対応させていただきます。