相続不動産の評価をしてみる

 

『不動産』は財産としては、自宅という場合がおおくみられます。不動産投資をして、マンションアパートを持っている人より、自宅のみを持っている家庭の方が多いわけです。

 

そんな自宅ですが、評価をするときには『土地』と『建物』にわけます。

木造住宅などの場合、建物自体が評価がなく、土地だけで評価する場合が多くありますので

注意してください。

 

 

土地の評価を出してみる

 

土地の評価方法で、座相続の財産評価をする場合は、相続税の評価方法を知ることが重要です。

相続税では、土地は『路線価』を使って計算します。

『路線価』とは国税庁が好評している全国の土地の価格を算出する指標になります。

よって、土地の評価額の求め方は、路線価×土地の面積で求められます。

 

 

建物の評価を出してみる


 

建物の評価は固定資産税の評価額で評価します。

毎年5月前後に都税事務所や市町村役場から固定資産税の納税通知書が送られてきます。

そのなかの土地の欄の『価格』もしくは『評価額』の欄に書かれているのが、家屋の固定資産税評価額となります。

 

 

分割できる土地は評価が高い

 

土地の評価額と実際に売れる値段は、これまた違います。

これが不動産がよくわからないように思える部分です。下のようにA,Bに分け販売できる土地は、駐車場や家などに転用できます。

 

 

 

このような土地は、出口戦略がたくさんできるので、一般的に高値で売れる可能性があります。

さらに、土地に接している道路の太さなども大切です。

太い道路に接していると、これまた評価がアップします。さらに、角地であると評価が増えます。

さらに南向きであると最高です。

 

このように土地は、ひとつとして同じ値段はありません。それゆえに、値段の付け方があいまいな業界なのです。高い金額なのに、明確な基準がないという不思議なのが土地と建物です。

このことは、よく覚えておいてください。

 

 

 

 

 

相続税とは

相続税とは何か?まずは

基本についてご紹介いたします。

相続の流れについて

相続の手続きは早くやらなければいけません。流れについてご紹介いたします。

相続の届出書類について

相続の手続きはたくさんあります。手続きの流れや特徴をご紹介します。

トラブルを防ぐために

トラブルを防ぐためにしっておきたい情報をまとめました。

争続にならないために...

 

 

 

相続の基本 相続の事例 財産を確かめよう

相続の流れについて

相続税とは

届け出る書類について

まずは遺言をさがす

相続ってなに

単純相続とは

相続放棄とは

限定承認とは

相続税の申告手続き

弁護士に頼むといくらかかる?

どんな財産があるのか分からない

自宅しかない場合

第3の相続人が現れた場合

親の介護をしたのにもらえない

相続税が払えない場合

内縁の妻がいる・・・

マイナスの財産はどうしたら?

 

財産を確かめる

財産目録をつくる

生命保険金

死亡保険の種類とは

相続財産にならないもの

死亡保険金の種類とは

財産の評価方法 誰にいくらあげるのか? 誰にいくらあげるのか?

財産を評価してみる

不動産評価してみる

車や家具の動産評価方法

 

 

家族会議の進め方

愛人は法定相続人になれるか

相続資格がない法定相続人

愛人に財産を譲るれるのか?

遺留分とは何か

つぐ資格があるのはだれか?

法律で決められた相続人はだれか

相続人の順位とは

相続人数で財産割合が変わる

配偶者は最強の立場

節税の方法 生前の贈与について 遺言書の書き方

節税の方法

財産価値と収益性

贈与税の配偶者控除とは

土地の評価額を下げる

生前に測量する

アパートマンションを建てる

会社組織にする

土地を遊ばせておかない

自宅を改築する

子供のマイホーム援助

生前贈与の仕方

贈与税とは

贈与税のかかる財産とは

贈与税のかからない財産

相続・贈与一体化処置とは

 

遺言書と書き方について

遺言書の種類

遺言書作成のポイント

遺言書を見つけた時の方法

 

実家の片付け作業の流れについて

 

フリーダイヤルまたはメールでお問い合わせくださいませ。困っていることなどをお話してください。

相続や遺品の整理方法、お葬式、清掃の方法などなんでもお答いたします。

 

 

遺品せいりについて、ご質問などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。親切ていねに対応させていただきます。

 

 

大切な故人の遺品を心を込めて整理させていただきます
ご親族の方が高齢で自分たちでは整理できない場合も、一生懸命サポートさせていただきます。

遺品整理、生前整理でお困りでしたら、クイックに相談くださいませ。