単純相続とはなにか?

 

単純承認とは、相続財産と債務などをすべて引き継ぐ方法です。

相続開始を知った時から、3ヶ月以内に「限定承認」または、相続放棄の手続きをとらない場合、

自動的に「単純承認」をしたことになります。

※3ヶ月の熟慮期間を知らなかった事は理由にはなりません。知らないっていうのはダメなんですね・・・

 

 

マイナスの相続は放棄することもできます

 

死んだ父親や母親が借金ばかりしていた場合、相続人はつらいわけです。

そこで、民法では、いったん発生した相続を承認するか、破棄するかの自由を認めています。

親の借金だからといって、払う必要はないわけです。

相続を放棄する場合は家庭裁判所に3ヶ月以内に行く必要がありますので、注意してください。

 

 

単純相続の注意点とは

 

単純承認 というのは、プラスの財産もマイナスの財産もすべて引き継ぐものです。

相続放棄や限定承認が一定の手続が必要であるのに対し、単純承認は特別の手続を要せず

3カ月の期間内に相続放棄も限定承認もしなかったときに、勝手に単純承認したものとみなされてしまいます。

つまり、親の借金なども勝手に承認されてしまうので、くれぐれも注意してください。

流れはこのようになっています。

 

遺産相続流れ

 

3ヶ月以内にやることはたくさんあります。

家族で争う、「争族」にならないよう余裕を持ったプランをおすすめいたします。

 

 

   
 

単純承認とは、相続財産と債務を全て引き継ぐ方法です

相続が発生してから3ヶ月以内に行ってください。

 

 

 

【相続について】

相続の流れについて

相続税とは

届け出る書類について

まずは遺言をさがす

相続ってなに

単純相続とは

相続放棄とは

限定承認とは

相続税の申告手続き

弁護士に頼むといくらかかる?

【ケーススタディ】

どんな財産があるのか分からない

自宅しかない場合

第3の相続人が現れた場合

親の介護をしたのにもらえない

相続税が払えない場合

内縁の妻がいる・・・

マイナスの財産はどうしたら?

 

【財産を確かめよう】

財産を確かめる

財産目録をつくる

生命保険金

相続財産にならないもの

死亡保険金の種類とは

【財産の評価の方法】

財産を評価してみる

不動産評価してみる

車や家具の動産評価方法

 

 

【誰にどのくらいあげるか】

家族会議の進め方

愛人は法定相続人になれるか

相続資格がない法定相続人

愛人に財産を譲るれるのか?

【誰にどのくらいあげるか?】

つぐ資格があるのはだれか?

法律で決められた相続人はだれか

相続人の順位とは

相続人数で財産割合が変わる

配偶者は最強の立場

【節税の方法】

節税の方法

財産価値と収益性

贈与税の配偶者控除とは

土地の評価額を下げる

生前に測量する

アパートマンションを建てる

会社組織にする

土地を遊ばせておかない

・自宅を改築する

・子供のマイホーム援助

【生前の贈与について】

生前贈与の仕方

贈与税とは

贈与税のかかる財産とは

贈与税のかからない財産

相続・贈与一体化処置とは

【トラブルを防ぐ遺言書の書き方】

遺言書と書き方について

遺言書の種類

・遺言書作成のポイント

・遺言書を見つけた時の方法