相続ガイド

 

生前贈与とは何か?

 

生前贈与とは、死ぬ前に財産を与えることを言います。 教育費などに使う場合、ある程度贈与してもいいことになっています。

贈与者が生きている間に、家族や他人に財産を贈与する場合、「生前贈与」などと呼びます。

財産を与える人のことを「贈与者」、財産をもらう人を「受贈者」と言います。

 

 

生前に贈与が行なわれる理由としては、一度に多額の相続税を、納める負担を軽減するためでもあります。

贈与税の申告は、1年間に110万円までです。1年間に110万までは無税です。

現金、株式、不動産など、贈与する財産の種類はなんでも大丈夫です。

 

※500万円の場合

(500万-110万-25万) × 10%=36.5万

 

基礎控除後の課税価格

税率

控除額

200万円以下

10%

-

300万円以下

15%

10万円

400万円以下

20%

25万円

600万円以下

30%

65万円

1,000万円以下

40%

125万円

1,000万円~

50%

225万円

 

 

相続時 清算課税方式とは

 

平成27年1月1日以後の贈与から、贈与者の年齢要件が60才以上(現行は65才以上)に引き下げられ

受贈者の範囲に20才以上の孫(現行は子などの推定相続人のみ)が追加されることになりました!!

 

つまり、上げる人に祖父母が追加され、もらう人に孫が追加されました。

祖父母世代から、孫世代に財産を贈与できる制度です。

簡単に言うとおじいちゃん、おばあちゃんの財産を孫や子供に移転させて、家や車を買ってね!!

という制度です。

 

3,000万 + 600万 × 法定相続人数

で計算されます。

 

 

   
 

生前贈与は計画的にやると、相続が発生するまでにかなりの金額を

子供に上げることができます。

毎年110万までは税金がかからない事を覚えておきましょう。

 

 

 

 

相続の基本 相続の事例 財産を確かめよう

相続の流れについて

相続税とは

届け出る書類について

まずは遺言をさがす

相続ってなに

単純相続とは

相続放棄とは

限定承認とは

相続税の申告手続き

弁護士に頼むといくらかかる?

どんな財産があるのか分からない

自宅しかない場合

第3の相続人が現れた場合

親の介護をしたのにもらえない

相続税が払えない場合

内縁の妻がいる・・・

マイナスの財産はどうしたら?

 

財産を確かめる

財産目録をつくる

生命保険金

死亡保険の種類とは

相続財産にならないもの

死亡保険金の種類とは

財産の評価方法 誰にいくらあげるのか? 誰にいくらあげるのか?

財産を評価してみる

不動産評価してみる

車や家具の動産評価方法

 

 

家族会議の進め方

愛人は法定相続人になれるか

相続資格がない法定相続人

愛人に財産を譲るれるのか?

遺留分とは何か

つぐ資格があるのはだれか?

法律で決められた相続人はだれか

相続人の順位とは

相続人数で財産割合が変わる

配偶者は最強の立場

節税の方法 生前の贈与について 遺言書の書き方

節税の方法

財産価値と収益性

贈与税の配偶者控除とは

土地の評価額を下げる

生前に測量する

アパートマンションを建てる

会社組織にする

土地を遊ばせておかない

自宅を改築する

子供のマイホーム援助

生前贈与の仕方

贈与税とは

贈与税のかかる財産とは

贈与税のかからない財産

相続・贈与一体化処置とは

 

遺言書と書き方について

遺言書の種類

遺言書作成のポイント

遺言書を見つけた時の方法