相続の申告と手続き方法とは

 

相続の申告などは役所に聞けば親切に教えてくれます。

ただし、相続財産が多い人は、相続財産の評価と相続税の申告が必要になります。

しっかりやらないと損をする場合があるので注意してください。

相続する額が1000万未満の場合はとくに注意してください・・・1000万以下の家庭では相続をめぐって争うケースが多くあります。家族で争わないように、しっかりと準備をしてください。

 

相続放棄 3ヶ月

 

■ます死亡届を出す

相続は人が死亡したときから開始されます。すべての手続きは死亡した日が基準になります。

相続手続きは四十九日の法要が終わってからではありません。

意外なところで時間がかかったりトラブルなどで、 後になって慌てることになってしまう可能性があります。

 

本人が死亡してから7日以内に手続きをしてください。
・病院、医師に死亡診断書を書いてもらう。
・市区町村に死亡届の提出、死体火葬(埋葬)許可申請

・市区町村または社会保険事務所に葬祭費の請求

・未給付年金、遺族年金または死亡一時金の請求

・健康保険証の返還

・生命保険会社に保険金の請求

・遺言書の有無の確認(裁判所の検認が必要な場合もある。ただちに 開封してはいけません!)

・相続人の確定 

・相続財産の概要を調査する。

・遺産分割の事前相談の開始

 

(3ヶ月以内に)

・相続放棄、限定相続の申請

家庭裁判所への申述。

 

(4ヵ月以内に)
・税務署に被相続人の本年度の所得税申告(準確定申告)
・相続財産の詳細を調査・評価し、 財産目録の作成。
・遺産分割協議書作成、捺印。

・相続税申告書の作成

(10ヶ月以内に)
・税務署に相続税申告・納付

・各種名義変更(不動産、銀行口座、 有価証券、自動車等)

 

などが必要になります。相続は時間との闘いです。

もめないためには事前の準備が必要になりますのでご注意くださいませ。

 

 

 

【相続について】

相続の流れについて

相続税とは

届け出る書類について

まずは遺言をさがす

相続ってなに

単純相続とは

相続放棄とは

限定承認とは

相続税の申告手続き

弁護士に頼むといくらかかる?

【ケーススタディ】

どんな財産があるのか分からない

自宅しかない場合

第3の相続人が現れた場合

親の介護をしたのにもらえない

相続税が払えない場合

内縁の妻がいる・・・

マイナスの財産はどうしたら?

 

【財産を確かめよう】

財産を確かめる

財産目録をつくる

生命保険金

相続財産にならないもの

死亡保険金の種類とは

【財産の評価の方法】

財産を評価してみる

不動産評価してみる

車や家具の動産評価方法

 

 

【誰にどのくらいあげるか】

家族会議の進め方

愛人は法定相続人になれるか

相続資格がない法定相続人

愛人に財産を譲るれるのか?

【誰にどのくらいあげるか?】

つぐ資格があるのはだれか?

法律で決められた相続人はだれか

相続人の順位とは

相続人数で財産割合が変わる

配偶者は最強の立場

【節税の方法】

節税の方法

財産価値と収益性

贈与税の配偶者控除とは

土地の評価額を下げる

生前に測量する

アパートマンションを建てる

会社組織にする

土地を遊ばせておかない

・自宅を改築する

・子供のマイホーム援助

【生前の贈与について】

生前贈与の仕方

贈与税とは

贈与税のかかる財産とは

贈与税のかからない財産

・相続・贈与一体化処置とは

【トラブルを防ぐ遺書の書き方】

・遺言書がある場合

・遺言書の種類

・遺言書作成のポイント

・遺言書を見つけた時の方法

 

実家の片付け作業の流れについて

 

フリーダイヤルまたはメールでお問い合わせくださいませ。困っていることなどをお話してください。

相続や遺品の整理方法、お葬式、清掃の方法などなんでもお答いたします。

 

 

 

遺品せいりについて、ご質問などありましたらお気軽にご連絡くださいませ。親切ていねに対応させていただきます。