弁護士に頼むといくらかかるのか?

 

相続について、弁護士に相談してみたいと考えているけど、費用っていくらぐらい必要なものなの?

と思っている人も多いと思います。そこで、法律のプロである弁護士に相続について相談するといくらかかるのか?をまとめてみました。

 

 

遺言の作成から執行・申立などや、相続に関する、弁護士の調査・手続き費用などを具体的に紹介いたします。

 

 

弁護士は最初の相談は無料である場合が多い

 

金額が高いようなイメージがある弁護士ですが、多くの弁護士事務所では、「遺言の相談」は無料です。

気軽に利用ができます。(相談だけですが)

 

遺言相談料:無料

遺言作成: 100,000 円

 

となっている弁護士が多いのが現状です。(弁護士も食べていけない人が多いことを知っておきましょう)

公正証書作成費用(遺産 3,500 万円の場合は 4 万円前後、遺産 2 億円の場合には 7 万円前後発生します。遺言事項の数で金額がかわります)

 

不動産等名義変更手数料、戸籍謄本取寄費用、預貯金等残高証明書取得費用、税理士報酬など

公正証書作成費用は、遺言の目的となる財産の価額に応じて金額が変化します。

おすすめは、初回だけ相談して手続きなどは自分でする方法です。もしくは、聞きたいことを分けて、複数の弁護士に相談だけしましょう。そうすれば費用がかからずに、問題を解決する事ができます。

 

 

弁護士は何をしてくれるのか?

 

弁護士については、調停や審判などの裁判所での手続きが必要になった場合、活躍してくれます。

相続人同士の話し合いでもめてしまった場合、裁判によって、誰がいくら相続するか決めます。

 

亡くなった夫に愛人がいた場合や、遺言書の内容がおかしい場合など、家族の間だけで

問題が解決できそうにない場合、弁護士に相談してみましょう。

 

法律の専門家である弁護士ですが、すべてに対して詳しいわけではありません。

弁護士には、特徴があります。相続に強い、不動産問題に強いなど、人によって違います。

相続は、相続に強い弁護士に頼むようにしましょう。

 

 

相続人調査にかかる費用

 

相続人の親族の関係がどうなっているのか、調査して相続できるかどうか調査します。

 

 相続人調査・相続関係図作成(税別)

 50,000円

 相続財産調査

 100,000円

 遺産目録作成

 40000円前後

 自動車名義変更手続き

 12,000円前後

 預貯金名義変更手続き

 22,000円前後

 有価証券名義変更手続き

 証券会社等1支店につき21,600円

 保険契約名義変更手続き

 保険会社等1支店につき21,600円

 

相続財産の調査では、以下のような財産を調査します。

所有権などの財産上の権利

預貯金、貸付金、損害賠償請求権などの債権

契約上の地位

訴訟上の地位

株主の地位

借家権

借金、保証債務(債務・負債)

 

 

遺産分割協議の代理人(税別)(家庭裁判所での調停、審判)

 

相続人間で遺産分割についての話し合いを行っている段階(遺産分割協議段階)であっても

弁護士が代理人として対応することはできます。金額は大まかに着手金と報酬金で成り立っています。

 

■着手金

・交渉 : 150,000円  ・裁判 : 300,000円 (裁判移行時に157,500円を追加で支払う)

 

■報酬金

・交渉 : 5.0%  ・裁判 : 10.0%

遺言無効確認訴訟その他訴訟手続(税別)

着手金 300,000円 報酬金 300,000円 など弁護士事務所によって値段が違います。

 

   
 

もめてしまった場合は、弁護士などに相談してみましょう。

余計にこじれると思いがちですが、第三者が入ることで冷静に相続の

分割が行われるようになります。ただ感情的なしこりは残りますが・・・

 

 

 

 

相続税とは

相続税とは何か?まずは

基本についてご紹介いたします。

相続の流れについて

相続の手続きは早くやらなければいけません。流れについてご紹介いたします。

相続の届出書類について

相続の手続きはたくさんあります。手続きの流れや特徴をご紹介します。

トラブルを防ぐために

トラブルを防ぐためにしっておきたい情報をまとめました。

争続にならないために...

 

 

 

相続の基本 相続の事例 財産を確かめよう

相続の流れについて

相続税とは

届け出る書類について

まずは遺言をさがす

相続ってなに

単純相続とは

相続放棄とは

限定承認とは

相続税の申告手続き

弁護士に頼むといくらかかる?

どんな財産があるのか分からない

自宅しかない場合

第3の相続人が現れた場合

親の介護をしたのにもらえない

相続税が払えない場合

内縁の妻がいる・・・

マイナスの財産はどうしたら?

 

財産を確かめる

財産目録をつくる

生命保険金

死亡保険の種類とは

相続財産にならないもの

死亡保険金の種類とは

財産の評価方法 誰にいくらあげるのか? 誰にいくらあげるのか?

財産を評価してみる

不動産評価してみる

車や家具の動産評価方法

 

 

家族会議の進め方

愛人は法定相続人になれるか

相続資格がない法定相続人

愛人に財産を譲るれるのか?

遺留分とは何か

つぐ資格があるのはだれか?

法律で決められた相続人はだれか

相続人の順位とは

相続人数で財産割合が変わる

配偶者は最強の立場

節税の方法 生前の贈与について 遺言書の書き方

節税の方法

財産価値と収益性

贈与税の配偶者控除とは

土地の評価額を下げる

生前に測量する

アパートマンションを建てる

会社組織にする

土地を遊ばせておかない

自宅を改築する

子供のマイホーム援助

生前贈与の仕方

贈与税とは

贈与税のかかる財産とは

贈与税のかからない財産

相続・贈与一体化処置とは

 

遺言書と書き方について

遺言書の種類

遺言書作成のポイント

遺言書を見つけた時の方法