相続財産とは何か?

 

相続とは、あなたの財産を自分の配偶者や子供が引き継ぐ、手続きのことをいいます。
具体的に行うことは、残された財産を確認して相続人に分配します。

相続税がかかる人は、相続税を納税することが必要になります。故人が残した財産を相続するには、

「相続税」という税金がかかります。

 

遺品の相続

 

 

相続財産にならないものとは?

 

相続財産にならないものとは何か?簡単に言えば、金銭評価できないものです。

例えば、墓石や墓地、仏壇、仏具、神を祀る道具など日常礼拝しているものがあります。

 

相続財産にならないもの


これらは、『祭祀財産』と呼ばれるため、相続財産にはならないのです。

ただし、純金の仏像など投資価値や骨董的価値があり、投資の対象となるもの、商品として所有しているものなどには相続税がかかる場合があります。

また、香典や弔慰金は、社会的礼儀として喪主や遺族に対して贈られるので、相続財産には含まれません。

 

 

残された財産は誰にどのように分ければ良いのでしょうか?

 

相続税を支払うのに、お金はどのように調達すれば良いのでしょうか?疑問に思うかと思います。
相続にはこうしたさまざまな手続き上の問題が存在しているのです。

さらに、現在の日本では、時間換算すると約26秒に1人の人が亡くなっています。
しかし、ほとんどの人が、相続が発生するまで何の準備もしていないというのが現状です。

何も準備をしないまま、突然遺産相続が起きてしまうので、混乱してしまうわけです。

準備不足によって家族の中に大きな亀裂を生み出してしまう可能性があります。

 

相続という手続きは、誰もが通らなければならないとても身近なものであり人生を変えてしまうかもしれない大きなイベントでもあるのです。きちんと準備をするようしましょう。

 

相続財産とは

 

土地・建物、現金、預貯金、株式、公社債、ゴルフ会員権、家財道具、書画骨董、立木、牛馬、船舶・自動車、貸付金の債権、貸家・貸ビルの家賃・地代、売掛金、受取手形、商品、著作権、特許権、
営業権、損害賠償請求権、商標権、借地権・借家権などをさします。

 

 

マイナスの遺産

 

借金、債務、損害賠償金などです。マイナスの遺産が多い場合は相続放棄もできるので安心してください。

 

 

 

   
 

マイナスの財産は相続放棄をすることもできます。

きちんと相続財産を把握するようにしましょう。

 

 

 

 

【相続について】

相続の流れについて

相続税とは

届け出る書類について

まずは遺言をさがす

相続ってなに

単純相続とは

相続放棄とは

限定承認とは

相続税の申告手続き

弁護士に頼むといくらかかる?

【ケーススタディ】

どんな財産があるのか分からない

自宅しかない場合

第3の相続人が現れた場合

親の介護をしたのにもらえない

相続税が払えない場合

内縁の妻がいる・・・

マイナスの財産はどうしたら?

 

【財産を確かめよう】

財産を確かめる

財産目録をつくる

生命保険金

相続財産にならないもの

死亡保険金の種類とは

【財産の評価の方法】

財産を評価してみる

不動産評価してみる

車や家具の動産評価方法

 

 

【誰にどのくらいあげるか】

家族会議の進め方

愛人は法定相続人になれるか

相続資格がない法定相続人

愛人に財産を譲るれるのか?

【誰にどのくらいあげるか?】

つぐ資格があるのはだれか?

法律で決められた相続人はだれか

相続人の順位とは

相続人数で財産割合が変わる

配偶者は最強の立場

【節税の方法】

節税の方法

財産価値と収益性

贈与税の配偶者控除とは

土地の評価額を下げる

生前に測量する

アパートマンションを建てる

会社組織にする

土地を遊ばせておかない

・自宅を改築する

・子供のマイホーム援助

【生前の贈与について】

生前贈与の仕方

贈与税とは

贈与税のかかる財産とは

贈与税のかからない財産

・相続・贈与一体化処置とは

【トラブルを防ぐ遺書の書き方】

・遺言書がある場合

・遺言書の種類

・遺言書作成のポイント

・遺言書を見つけた時の方法