名義預金

 

名義預金とは、形式上、配偶者や子供、孫などの名義で作られている銀行口座及びその預金であるが、収入や入金の経緯などから

考えて、実質的には名義人のものではない預金口座。

相続時には、下記のような問題点があります。

夫が妻より先に亡くなった場合、妻名義の預金でも夫の財産とみなされるケースがあります。

銀行が破たんした場合、ペイオフでは1人につき1000万円+利息が保護されます。夫婦それぞれの名義で1000万円の預金

であれば全額保護されるはずですが、名義預金と判断されると合算されて2000万円の預金と判断されて、一部が戻ってこない

可能性があります。

対策として、夫から受け取ったお金については贈与として示す必要があります。

具体的には、贈与する側、贈与される側で贈与の事実を認識し、贈与契約書を作成し、預金口座を本人が管理すること。

また贈与する金額も年間110万円を超えないようにすること(非課税枠)。

 

 | トップへ |