千葉の遺品整理やっと終了

 

千葉の柏での遺品整理はやっと終了しました

先週は天気が悪く、外仕事がなかなかはかどらず、3日間降るにかかってしまいました

今回も年代物が色々と出てきました

物置からは冷蔵庫ではなく保冷庫

P1050051

昭和2年製の保冷庫です

私も遺品整理の現場で見るのは初めて!

高さ1mぐらいで、重さは60kgぐらいあり、同型の冷蔵庫の2倍近くあります

その他にも、状態がいい蓄音機なども出てきました

今回、亡くなられた方のご両親(明治20年代生まれ)の遺品も一部ありました

遺品整理をやっていると時代を感じますね

遺品整理 生前整理はクイック

 

千葉で遺品整理

 

昨日は千葉県内で遺品整理でした

ご覧のようなローカルな場所です

P1050049

5月に見積にお伺いしてから2ヶ月

相続不動産絡みだと見積にお伺いしてから作業を行うまでに時間がかかります

中には半年ぐらい先の場合もあります

今回も家の買い手が決まったので作業を行うことになりました

家は空き家になってから10年以上

ご近所の方が色々といってきますが個人情報保護法があるので、簡単には答えられません

10年以上空き家で、近隣に少なからず迷惑をかけてきたことと思います

ご近所の方の気持ちは十文わかるんですがね!

今、空き家になっている家の大部分は相続問題などが関係しています

空き家対策特別措置法なる法律が施行されましたが、そう簡単には解決できる問題ではないですね

遺品整理 生前整理はクイック

http://quickihinn.com

 

 

 

最近の遺品整理・生前整理で思うこと

 

最近、遺品整理・生前整理で高齢者の一人暮らしの方が増えています。

一人暮らしでも子供がいればいんですが、いない場合、兄弟姉妹などが対応しなければなりません。葬儀のことから、遺品整理など

の費用をすべて対応しなければなりません。亡くなると本人の銀行口座は相続手続きが完了するまで引き出すことができません。

生活保護受給者の方などは預金等はほとんどなく、すべて持ち出しということになります。

このように相続人に金銭的な負担が及ぶケースが増えているんです。

一人暮らしの方は、自分が病気などで入院した時のことや、自分が亡くなった後のことを、生きているうちに、将来面倒を掛けるで

あろう人と良く話をしておかなければなりません。

 

 

« 前のページ | トップへ |