山の手地域に生前整理の見積に

 

毎日暑い日が続きますが、みなさん体調などは崩していませんか?

夜はクーラーをつけっぱなしにしないと寝れないんですが、おかげで喉がやられてしまいました

もうしばらく我慢ですかね

昨日は不動産業者さんの紹介で目黒まで行ってきました

 

 

 

 

 

P1050084

いつも下町地域が多いんですが、山の手地域はまた雰囲気が違います

まえのブログでも書いたんですが、近隣のコインパーキングは満車で、結局10分くらい離れた場所になってしまいました

お客様の家に着くまで汗だくです

今回のお客様は施設に入居酒ることになり、それに伴い自宅を売却するための家の中の片づけです

中古住宅として売却する場合、購入希望者が内見するときに、家具などが何もない状態の方が部屋が広く見えたりといいんです

第一印象は大事です

肝心な仕事の方は、早速その場でご依頼いただきました

〇〇様ご依頼ありがとうございます

お盆過ぎの作業となります

 

 

 

 

最近の遺品整理・生前整理で思うこと

 

最近、遺品整理・生前整理で高齢者の一人暮らしの方が増えています。

一人暮らしでも子供がいればいんですが、いない場合、兄弟姉妹などが対応しなければなりません。葬儀のことから、遺品整理など

の費用をすべて対応しなければなりません。亡くなると本人の銀行口座は相続手続きが完了するまで引き出すことができません。

生活保護受給者の方などは預金等はほとんどなく、すべて持ち出しということになります。

このように相続人に金銭的な負担が及ぶケースが増えているんです。

一人暮らしの方は、自分が病気などで入院した時のことや、自分が亡くなった後のことを、生きているうちに、将来面倒を掛けるで

あろう人と良く話をしておかなければなりません。

 

 

生前整理とは

 

生前整理は遺品整理と違い、生きてるうちに財産などを含む身の回りの物を整理することです。

その中でも多いのが、施設入居に伴う生前整理です。老人ホームなどに入居するとほとんどの方が、住民票も施設に移転しますし、

将来家に帰ってくることはほとんどありません。その場合、家が自己所有ならば家のことも考えなくてはなりません。

今年の2月に空き家対策特別措置法が施行され、特定空き家と認定されると、固定資産税が最大6倍にもなってしまいます。

生前整理をするときは財産、その中でも不動産をどうするかを一番大事な問題だと思います。

家の中のモノの整理だけを考えがちですが、不動産も同時進行で進めていった方がベストです。

 

« 前のページ | トップへ |